笑いを生じ、かつ賢き忠言によって人生を教える書物は二重の喜びである(ファエドルス)


by schoolforpatriot

<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

[再掲]二・二六事件の日

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。

皆さん、今日は何の日か知っていますか?

今日は「二・二六事件」が勃発した日です。

今から74年前の昭和11年(1936年)2月26日、帝国陸軍の皇道派と呼ばれる派閥の一部の将校が当時の政府を打倒し、天皇に直接政治をしてもらうことで政府・財界の腐敗を正し、餓死したり、娘を売春宿に売らざるを得ないほどの極貧にあえぐ庶民を救ってもらおうと反乱を起こしました。

反乱軍は数人の政府閣僚、軍高官の暗殺に成功し、政府の中枢の制圧に成功しました。

彼らの庶民を救おうとする意思天皇親政への願いを記した「蹶起趣意書」は皇道派の将官を通じて昭和天皇の元に届けられました。

ところが、政府や軍の首脳を惨殺するといった決起将校の暴挙を昭和天皇は許さず、陸軍に反乱の鎮圧を厳命しました

昭和天皇のお怒りは

『朕ガ股肱ノ老臣ヲ殺戮ス、此ノ如キ凶暴ノ将校等、其精神ニ於テモ何ノ恕スベキモノアリヤ

朕自ラ近衛師団ヲ率ヰテ此レガ鎮定ニ当タラン

『自殺スルナラバ勝手ニ為スベク、此ノ如キモノニ勅使ナド以テノ外ナリ

これらの言葉に象徴されるようにすさまじいものでした。

決起将校に好意的な政府と軍の首脳は天皇と決起部隊の両者の説得を試みましたが、昭和天皇の反乱鎮圧の意思が強硬であり、決起将校の主張を聞き入れる意思がないことを悟った陸軍はついに反乱の鎮圧を決意、2月29日、戒厳司令部は討伐命令を下しました。

それでも可能な限り衝突を避け、ビラやラジオ、アドバルーンで反乱軍のメンバーに投降を促しました

これによって反乱部隊の下士官兵は午後2時までに原隊に帰り、将校らは午後5時に逮捕され反乱はあっけない終末を迎えました。

詳しくは

Wikipedia/二・二六事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E3%83%BB%E4%BA%8C%E5%85%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6

で。

今回この事件をとりあげたのは皆さんに教訓を得てもらいたいからです。

1.犯罪には厳罰をもって臨むべし。

また、犯罪者に同情してはならない。

二・二六事件の前に起きた五・一五事件では犬養首相を暗殺した犯人の減刑嘆願書が100万通以上届き、そのため裁判所は犯人を厳罰に処することができませんでした

そのために二・二六事件の決起将校は反乱を起こしても処刑されることはないだろうと国法と軍法を甘く見て二・二六事件を起こしたのでした。

2.相手をよく知る

決起将校は昭和天皇がどのような政治を望んでおられるかを知らず、自分たちの「取り巻きの重臣たちを排除して陛下御自身の手で政治をしてくだされば(これを当時は『天皇親政』と言った。)いい世の中になる」という願望のもとに反乱を起こし、昭和天皇の怒りを買って身を滅ぼしたのでした。

3.状況に流されるままに行動しない。

決起将校が反乱を決意したのは皇道派が多くいた第1師団が満洲に派遣されることを知り、そうなっては統制派(皇道派と対立していた)に陸軍省&参謀本部を牛耳られてしまうと恐れたからでした。

このように追い詰められ、準備不足で起こした「暴発」が成功するはずがありません。

4.やる時は徹底してやる。

決起将校は数人の政府閣僚、軍高官の暗殺に成功し、政府の中枢の制圧に成功しました。

ところが、天皇親政を願うわりには皇居へ乗り込んで昭和天皇に直談判することをせず、皇道派の将官を通じて「蹶起趣意書」を昭和天皇の元に届けるに留めました。

そのため、昭和天皇に自分たちの熱意が伝わらず、かえって昭和天皇の怒りを買って身を滅ぼしたのでした。





皆さんはこれらの教訓を学んで人生の勝利者になってください。



皆さんの1クリックが日本を正します。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2010-02-26 00:00 | 初等科
わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。
政府・与党は24日、永住外国人に地方選挙権を付与する法案について、今国会への提出を見送る方向で調整に入った。
Doshin web/外国人参政権法案の今国会提出見送り

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/217417.html<引用開始>

政府・与党は24日、永住外国人に地方選挙権を付与する法案について、今国会への提出を見送る方向で調整に入った。与党内に反対論が根強い上、推進役だった小沢一郎民主党幹事長が政治資金事件を抱え、法案内容の検討が進んでいないためだ。地方議会で反対意見書採択が相次いでいることも影響しているとみられる。
<引用終了>





貴様らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2010-02-25 22:05 | 高等科
わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。
ジャーナリストの宇田川敬介氏の取材によると、「外国人地方参政権付与」に関する韓国政府による民団への働きかけを韓国大統領側近が否定したともとれる発言をしたそうだ。
花うさぎの「世界は腹黒い」/韓国、参政権までは求めていない!
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1473040
<引用開始>

http://www.youtube.com/watch?v=P_eol5HGoQc&feature=player_embedded

http://www.youtube.com/watch?v=P8egFdl3bf8&feature=player_embedded

 ジャーナリストの宇田川敬介氏(国会新聞社・編集次長)はこのほど、チャンネル桜の討論番組「小沢不起訴以降の民主党の行方」に出演し、?韓国が在韓外国人に参政権を付与したのは日本の民団の強い要請によるもの、?但し一度実施して影響があれば停止するとの条件付き、?日本は参政権を与える以外の選択肢もあるのではないか(大統領府の公式コメントとして)、?韓国は日本の政治に口を出す気はないし内政干渉するつもりもないーなどと語り、衝撃の事実を明らかにした。

 氏によると、韓国の大統領側近に鳩山政権が成立を目指している外国人地方参政権は戦前からの特別永住者だけでなく一般永住者にも与えられ、その中には在日中国人も含まれると伝えたという。すると、この側近は驚いた様子で「戦前からいる在日韓国人の人権が正当に守られる事を望んでいると思うが、現在日本で議論されているように、広く全ての参政権を求めているのではない。誤解されて伝えられ日本の政治を混乱させている事は非常に心外である」などと語ったという。

<引用終了>




>韓国は日本の政治に口を出す気はないし内政干渉するつもりもない

広く全ての参政権を求めているのではない


これだけならば、韓国政府が民団に「外国人地方参政権付与法案」成立の工作を命令しておきながら、スパイ物のドラマにありがちな

「作戦に失敗しても当方は一切関知しない」

という態度を取っているともとり得るが、上の動画の中で韓国大統領側近を始めとする宇田川氏の取材を受けた人々は「外国人地方参政権付与法案」成立を推し進める小沢一郎の正気を疑う発言をしている。

sakuraraボード/【討論!】小沢不起訴以降の民主党政権の行方(一部文字起こし)
http://ameblo.jp/sakurara-f/entry-10464563224.html

<引用開始>

 僕先週行ってきました。ちょうど年末、14日が小正月ですから年末なんですけど、だからこれ(本)を持ってるんですね。

行って、で、「小沢がそういう事を言ったことについてどう思うか」はっきり聞いたら「やーあいつは政治家だよね。リップサービス上手いよね、だから信用できないんだよ」って国民大学の教授がそういうんです。何だったんだろう、あいつは何しに行ったんだろう。

まぁね騎馬民族説に関してだけは韓国人は「僕らはプライドでそう思ってます」というのは必ず言うんですよ、ただし「自分たちの上にいる天皇という存在について、まぁそれを上と思ってない思ってるは別にして、そういう存在について天に唾を吐くような事をして自分がただで済むと思っているのはおかしい」と、もう一つは「日本人、自分を支持している日本人に対してあそこまで悪口を言って、それがインターネットで公表されて、怒らない日本国民がおかしい」と。

(中略)

韓国の民主党の旧ウリ党ですよね、の、幹部の方は先ほどの僕の読み上げた質問に答えて、「考えられない、台湾じゃないのか?」と言ったんですよ、まず真っ先に。

だから台湾だったら戦前に国民党から徴兵したのはいるよ、ただし戦後の中国人民共和国、中華人民共和国から日本に徴用された人はいないじゃないかと、そんな人になんで権利認めるんだ、おかしいと。

小沢というのはほんと政治家か? 日本人か?っていう質問を向こうからもらってる。逆に向こうがおかしいと言っている。
(中略)

ただしそれを持ってきて「韓国から圧力がかかったから」っていう風にいう小沢さんが、みんな、僕が質問状を出した人たちは「異常だ」って、「小沢氏が異常。日本の民主党が異常」と、韓国の政治家が言っている。
「こういう政権は信用できない」って事を言うんですから彼らが。

<引用終了>


しかも、民団の働きかけによって実現した韓国の「外国人地方参政権付与法」も韓国政府と韓国国民にとっては有難迷惑のようだ。
同/同

<引用開始>

 だから韓国はね、今の話の中でいうと、外国に行った韓国人も外国の文化に染まっているからといって参政権を認めてない、認めないという議論を今している最中です。で、こっち側に韓国にいる外国人に参政権を認めましたけど、まだ一回も選挙をしていないから、一回目の選挙で国民的に影響があった場合は廃止するっていう条件付きで法案を通してるんですね。

(中略)

(19:00頃から)
国民大学の政治学部の教授、これ(本)をくれた人ですけども、言ってたのは、日本の民団からの圧力で韓国も外国人参政権を認めざるを得なかったというわけですよ。韓国が認めないから、日本が認めないんだという論理で韓国も認めざるを得なかった。だから停止条件付きだという事を彼らはちゃんと言うんですよね。

<引用終了>





民団構成員&民主党議員さんよう、
ねぇねぇ、韓国政府にハシゴを外されちゃってるけど、
韓国政府と韓国国民にすらキチガイ扱いされちゃってるけど、
迷惑がられちゃってるけど

今どんな気持ち?
        ∩___∩                     ∩___∩
    ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ    __ _,, -ー ,,    ハッ   / ⌒  ⌒ 丶|
        /  (●)  (●)  ハッ   (/   "つ`..,:  ハッ (●)  (●) 丶  今、どんな気持ち?
       |     ( _●_) ミ    :/       :::::i:.   ミ (_●_ )    | ねぇ、どんな気持ち?
 ___ 彡     |∪| ミ    :i        ─::!,,    ミ、 |∪|    、彡____
 ヽ___       ヽノ、`\     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●   / ヽノ     ___/
       /       /ヽ <   r "     .r ミノ~.    〉 /\    丶
      /      /    ̄   :|::|    ::::| :::i ゚。     ̄♪   \    丶
     /     /    ♪    :|::|    ::::| :::|:            \   丶
     (_ ⌒丶...        :` |    ::::| :::|_:           /⌒_)
      | /ヽ }.          :.,'    ::(  :::}            } ヘ /
        し  )).         ::i      `.-‐"             J´((
          ソ  トントン                             ソ  トントン




ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <おらっ!ハシゴを外された気分はどうだ
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |


lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllll/ ̄ ̄ヽlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllll /       ヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii  惨 次 あ .iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  敗 の き  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  確 選 ら  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  定 挙 め  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  だ で ろ  |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|    は    |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:. :. :. :. :. :. :. :. ‐‐--‐‐':. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,.‐- 、 : : : :
                  廴ミノ
                 ///¨' 、
                 y':;:;:;:/⌒i!
                ?:;:;:;:;};:;:/;},
      ;il||||li'       t`'---‐';:;:;:l
     ,.r'"''、,┘        7;:;:;:;:;:;:;:;「
    ノ4 (⌒i        .}:;:;:;:;:;:;;/
   /..,__彡{, |         `i:;:;:;:;:;}
   (  .ミi!} l、         .」:;:;:丿
  クュ二二`Lっ)        `==='



韓国政府と韓国国民にとってすら有難迷惑「外国人地方参政権付与法案」成立を許すな!

「外国人地方参政権付与法案」成立を許せば在韓韓国人にすら正気を疑われ、バカにされるぞ!


そして在韓韓国人にすら正気を疑われ、ウザがられる

「犬さん」(マルチ/To Heart)



http://www.youtube.com/watch?v=MyctSuilIHM&feature=player_embedded

未満の知的レベル、倫理観の民団構成員&民主党議員

e0190088_0164997.jpg


病院池!

いや、

「貴様は病院より火葬場に行くべきだ。」(伊達臣人/魁!!男塾)


諸君らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2010-02-24 00:19 | 中等科

[再掲]竹島の日

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。
今日は「竹島の日」です。

e0190088_1839174.jpg


e0190088_183919100.jpg


Wikipedia/竹島の日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%97%A5

<引用開始>
竹島の日(たけしまのひ)とは、竹島が島根県に編入された2月22日を記念する日である。1905年(明治38年)のこの日、島根県告示第40号に基づき、島根県知事が所属所管を明らかにしている。

2005年は日本が竹島を編入して100周年にあたるため、「竹島の日」の制定に関する条例が島根県議会で3月16日に可決、制定された。竹島が韓国により不法占拠されていることや、韓国による漁業協定への違反、協定の定める操業認可海域のうち韓国側海域において、頻繁に日本側が事実上操業できなくなること(これは韓国軍による威圧行為が原因となっている。)への認知を深めてもらうことを目的としている。
<引用終了>

竹島は今でこそ韓国に不法占拠されていますが日本の領土であることは国際的にも認知されています。

本校/ラスク書簡を突き付けろ!竹島からの退去を命令しろ!
http://blog.livedoor.jp/school_for_patriot/archives/50683342.html


<引用開始>

ついに「竹島は日本の領土である」と記された「ラスク書簡」の原文画像が公開された。

livedoorニュース/竹島は日本のものであると記された『ラスク書簡』の原文画像が公開される

http://news.livedoor.com/article/detail/3743702/

その画像がこれだ。

e0190088_10464890.jpg




日本の領土は日本列島の四つの主要な島、本州、九州、四国、北海道と

INLAND SEA(瀬戸内海)の島、対馬、

竹島(Liancourt Rocks)、

隠岐列島、佐渡、奥尻、礼文、利尻と、

対馬、竹島

礼文島の(日本本土から)最も遠い海岸をつないだ線の内側にあるすべての日本海の島、

(中略)

を含むすべての隣接する島々で構成されなければならない。

<引用終了>


薄汚い欲望に溺れた韓国によって強奪された竹島は我々日本国民の手で必ず奪い返さなければなりません

こちらのHPをご覧いただき、応援メールを送るか、できれば活動に参加していただくようよろしくお願いします。
島根県:Web竹島問題研究所 かえれ島と海
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/



ラスク書簡の原文という

動かぬ証拠

がネット上で世界中に公開され、世界中の人間が

「竹島は日本の領土である」

と知った以上、韓国に対し何らの

遠慮呵責も必要ない!



竹島返還交渉にあたっては

常に

我々が優越する立場

であることを認識させる

よう心がけること。



絶対に謝罪してはいけない



「自分の立場だけでなく、相手の言い分も聞いてみようw」などと

情を移さぬこと



「いっそのこと島を譲ってしまい、『友情島』にしてもらうw」などの

裕福温厚なる態度を

示してはならない



交渉の際は

ラスク書簡という動かぬ証拠

を提示し、

怒声大音声をもって喝破せよ



正当なる措置であっても

竹島を損ねた場合、恨みに思い

戦争・工作を

仕掛けてくる場合がある


ので、アメリカとの密接なる関係を示し

威嚇すること。



差別、歴史認識等の

暴言に決して怯まぬこと。

証拠を挙げ

大音声で論破し、

沈黙せしめよ。




韓国には強気で押せ。

抵抗する場合は大声で

竹島からの退去を


命令しろ。



「竹島は韓国領である」

などと同じ世迷言をくり返す場合、

犬のように

何回でも

同じ様に叱れ。




竹島が韓国領である

理由は聞くな。

どうせ

大したことは言っていない。



日本政府よ

韓国に

ラスク書簡を突き付けろ!



竹島からの

韓国警察の退去を


命令しろ!



もし韓国が抵抗するなら

朝鮮半島を李朝末期の状態

にしてでも

竹島を奪い返せ!



皆さんの1クリックが日本を正します。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2010-02-22 00:00 | 初等科
わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。
”アカサギ”の被害者がまた一人現れた。
今度は
アカサギ
http://schoolforp.exblog.jp/11056134


No Men! ~”アカサギ”に遭った能楽師
http://schoolforp.exblog.jp/11744927/

で取り上げた情弱とは違い、比較的政治系ニュースを積極的に得ていると思われる政治系ブログを書いている者である。
そのブロガーの名はvanacoral。
では彼の「泣きごと」を見てみよう。
vanacoralの日記/さらば民主党@何のための政権交代だったのか
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20100214


<引用開始>

先の衆院選で小選挙区・比例ともに民主党に投票した身としては「だまされた。何のための政権交代だったのか」と言いたい気持ちです。政権交代に期待を寄せた人たちを裏切り続け、更には、小沢疑獄で証明された様に、質の劣悪な支持者に支えられた民主党は

「もう駄目かもしれない」


<引用終了>


この件は
FTKST.Magazine/民主党信者がまた一人「だまされた。何のための政権交代だったのか」
http://ftkst.com/p8064

でも取り上げられています。


vanacoralは売国系ブロガーであるゆえか、昨年の8月30日の総選挙で民主党が勝った時は得意満面にこのようなエントリーを上げていた。
同/ 祝!政権交代達成!! 祝!東京9区民主候補当選!!
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/comment?date=20090830

<引用開始>

遂に、遂に長きにわたる自民党政権に終止符が打たれました。遂に長きにわたる悲願である政権交代が達成されました。遂に日本が真の意味での民主主義国家となりました!!

(中略)

いずれにせよ、政権交代はあくまでも「手段」であり、最終目標ではありません。戦いはこれからだ!!

<引用終了>


上記2つのエントリーからは売国系ブロガーのオツムの出来が余すところなく現れている。

上記2つのエントリーの短い文章の中にさえ


「だまされた。何のための政権交代だったのか」

情弱乙!

e0190088_035218.jpg




質の劣悪な支持者

つ[鏡]



「もう駄目かもしれない」

「もう駄目かもしれない」×

「始めから駄目だった」○


>遂に、遂に長きにわたる自民党政権に終止符が打たれました。

Wikipedia/細川内閣
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E5%86%85%E9%96%A3
<引用開始>

 細川内閣(ほそかわ ないかく)とは、細川護煕が第79代内閣総理大臣に任命され、1993年(平成5年)8月9日から1994年(平成6年)4月28日まで続いた日本の内閣である。在任期間は263日間。非自民・非共産連立政権のこの内閣の発足により、1955年(昭和30年)の結党以来38年間政権を維持し続けた自由民主党は初めて野党に転落した

<引用終了>


同/羽田内閣
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E7%94%B0%E5%86%85%E9%96%A3
<引用開始>

内閣総理大臣 第80代 羽田孜
成立年月日 1994年(平成6年)4月28日
終了年月日 同年6月30日


羽田内閣(はた ないかく)とは、羽田孜が第80代内閣総理大臣に任命され、1994年(平成6年)4月28日から同年6月30日まで続いた日本の内閣である。在任期間は、64日間。

<引用終了>


実は2年弱のあいだ自民党が与党から転落していた時期があったのだ。
まあ、平成6年6月30日から平成21年8月30日までの15年2カ月も人によっては長く感じるだろうが。


戦いはこれからだ!!

民主党政権と支持者の戦いの結果が

e0190088_035218.jpg


e0190088_036651.gif



これだけツッコミ所があるのだ。


もう一度言う。
自分自身を含む全日本国民に民主党政治の被害をもたらしたvanacoralのような情弱とは一体どういう者たちか?

それは野生の動物に例えると、

五感の衰えた草食動物のようなものである。

そのような動物が肉食動物に食い物にされるのは当然ではないか!

情報収集能力や判断力がない者が詐欺師に金をだまし取られるのは当然ではないか!

情報を積極的に得ようとせずオールドメディアのタレ流す情報を鵜呑みにする者が悪政に苦しめられるのは当然ではないか!



有権者よ、民主党社民党、国民新党という

”アカサギ”
に騙されるな!

”アカサギ”に騙されない方法はただ一つ、

政治に関する正しい情報を得るように努めることである。

そして自分、ひいては国のために働いてくれる候補者に投票し、国&国民に害悪をもたらす者を弾劾して



政界から追放せよ!



http://www.youtube.com/watch?v=VOl9SalJH10&feature=player_embedded

そして「民主党政権誕生」と言う名の脅威を日本国民に与える片棒を担いだvanacoralには



http://www.youtube.com/watch?v=uqtQ1G6Wi3Q&feature=player_embedded

腕を斬られたグフのように断筆宣言し、

有権者を欺いた罪をざんげ


e0190088_0453590.jpgかんなぎ ミニクッション ざんげちゃん
販売元:ブロッコリー
発売日:2009-07-16
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%8E-%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%81%96%E3%82%93%E3%81%92%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93/dp/B002ACOW0A%3FSubscriptionId%3DAKIAIM37F4M6SCT5W23Q%26tag%3Dlvdrfree-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB002ACOW0A


したうえで




http://www.youtube.com/watch?v=Xng7vz5Ud5I&feature=player_embedded

(ブロガーとして)自決してもらいたいものだ。





貴様らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2010-02-21 00:49 | 放課後デムパ倶楽部
わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。
諸君らは外国人に地方参政権を与えることに賛成する反日ファシストと外国人に地方参政権を与えることに反対する我々憂国派とどちらが人種差別主義者だと思う?

答えはこのエントリーを読めばわかるが、まずは園部逸夫元最高裁判事が平成7年の最高裁判決で
「このように、憲法九三条二項は、我が国に在留する外国人に対して地方公共団体における選挙の権利を保障したものとはいえないが、憲法第八章の地方自治に関する規定は、民主主義社会における地方自治の重要性に鑑み、住民の日常生活に密接な関連を有する公共的事務は、その地方の住民の意思に基づきその区域の地方公共団体が処理するという政治形態を憲法上の制度として保障しようとする趣旨に出たものと解されるから、我が国に在留する外国人のうちでも永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて、その意思を日常生活に密接な関連を有する地方公共団体の公共的事務の処理に反映させるべく、法律をもって、地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではないと解するのが相当である。」
このような傍論を判決文に付けた理由を、「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と明言したそうだ。

msn産経ニュース/「政治的配慮あった」外国人参政権判決の園部元最高裁判事が衝撃告白
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100219/plc1002190020000-n1.htm
<引用開始>

 平成7年の最高裁判決が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関し、判例拘束力のない「傍論」部分で「憲法上禁止されていない」との判断を示した問題で、判決に加わった園部逸夫元最高裁判事は18日までに産経新聞に対し、「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と明言した。さらに判決に際し、地方参政権付与の対象者について「(在日韓国・朝鮮人ら)非常に限られた永住者に限定する」ことを想定したとし、民主党などが「一般永住者」にも与えようと検討していることを「ありえない」と批判した
 園部氏が判決の背景として、「政治的配慮」に言及したことは、最高裁判決の当事者としては極めて異例の発言といえる。

 判決は特別永住者に限らず、経済的基盤を日本に持ち10年以上在留など一定要件を満たせば得られる「一般永住者」についても、参政権を付与する案の根拠とされている。この点について園部氏は「(一般永住者に)選挙権を即、与えることは全然考えていなかった」と語った。同法案を政府提出とすることにも「賛成できない」と表明した。

 判決理由については、「憲法の地方自治の本旨に従って、特定地域と非常に密接な関係のある永住者に、非常に制限的に選挙権を与えることが望ましいと判断した」と証言。歴史的経緯があり、何世代にもわたり日本国内に在留する韓国人、朝鮮人、台湾人に限り、住み続けている地域に限定して地方参政権を付与することは、「全く憲法違反だとは言い切れないという判断だった」という。

 園部氏は当時の判決について「金科玉条で一切動かせないとは考えていない」と述べ、時代の変化に合わせ見直すことも可能だとした

 ■外国人地方参政権に関する最高裁判決 永住外国人に地方参政権を認めない公選法などの規定は、住民自治を定めた憲法に違反すると、在日韓国人9人が起こした訴訟の上告審で最高裁第3小法廷は平成7年2月、「憲法上、わが国に在留する外国人に対し、選挙の権利を保障したものではない」とした一審判決を支持し、原告の請求を棄却した。ただ、判決理由の判例拘束力のない「傍論」部分で「永住外国人に対し、地方レベルの参政権を法律をもって認めることは憲法上禁止されていない」との判断も示し、地方参政権付与推進派を勢いづかせた。

<引用終了>



上の記事を見たところ園部逸夫元最高裁判事はどうやらレイシスト(人種差別主義者)のようだ。

>「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった

>地方参政権付与の対象者について「(在日韓国・朝鮮人ら)非常に限られた永住者に限定する」ことを想定したとし、民主党などが「一般永住者」にも与えようと検討していることを「ありえない」と批判した


在日韓国・朝鮮人らに選挙権という他の国籍を持つ外国人にはない特権を与えんとするこのような言動がレイシズムの発露でなくて何であるのか?


これを見てもわかるとおり
反日ファシストの方が人種差別主義者である!



歴史的経緯について
大半、自由意思で居住 外務省、在日朝鮮人で発表 戦時徴用は245人/朝日新聞
e0190088_855930.jpg



在日?朝鮮人労働者・戦時徴用は245人!朝日新聞報道

http://www.youtube.com/watch?v=HPpgtn4Nbek&feature=player_embedded


頬っ被りし、
判決文の傍論を針小棒大の如く拡大解釈して外国人地方参政権付与を合憲であるかのように詭弁を弄する


村野瀬玲奈の秘書課広報室/「永住外国人に地方参政権を」集会 (2009年5月31日、東京)
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1245.html

<引用開始>

 日本国が永住外国籍住民に地方参政権を認めることを当然なことと考えて、賛成します。
(中略)

「外国籍住民に地方参政権を付与することは憲法上禁止されるものではない」なら、なおさら。

<引用終了>


ジャッカルの目/永住資格保有外国人への地方参政権付与に賛成する。
http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/139519958.html

<引用開始>

 憲法で排除されず、国際的にはそう言った国籍、国境の垣根が下がる方向に進んでおり、さらに、外国人労働者を率先して移入している現代において、歴史的に長い、永住資格を持つ外国人への地方参政権の付与を否定する理由は何一つないとしか言えない。
 よって、私は、今後の東アジア共同体設立のための最初の一歩として、この問題に賛成する
 また、将来、日本人が他国に移住、移民していくことになった時、相互主義で先方でも、一定の権利を得られると言うメリットも考えるべきだろう。

<引用終了>



Afternoon cafe/外国人参政権FAQ
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-369.html
<引用開始>

定住外国人の生活の拠点は日本であり、根を張って暮らしていく社会の一員なのですから、社会の意思決定に参加する参政権は認められるべきです

<引用終了>


このような反日ファシストの戯言に騙されるな!


友好国、敵国を問わず外国籍の人間には

断じて参政権を与えてはならない!



レイシストではあるが園部逸夫は最後にいいことを言っている。

>「金科玉条で一切動かせないとは考えていない」と述べ、時代の変化に合わせ見直すことも可能だとした。


そう、最高裁の判決も絶対ではない。

「今、先王の政をもって当世の民を治めんと欲するは皆守株の類なり。」(韓非子)

状況は時々刻々変わるのじゃぞ。こんなところでバカ面さらして何が『手を打った』じゃ!」(児玉源太郎/二百三高地)


「人間の作品で完全なものは無い。時代の流れの中で、成文憲法の不完全さが顕になるのは避けられない。さらに、時代の経過は憲法が適合しなければならない社会に変化をもたらすのである。それゆえ、憲法を改正するという現実的な方法を定めておくことは、絶対に必要なのである。
(中略)したがって、それがより発展し啓発されるにつき、または新たな発見がなされ新たな真理が発見されるにつれ、あるいは風俗や世論が変化するといった諸事情の変化に応じて、法律や憲法という制度というものは、時代に足並みをそろえて進化していかなければならない。文明化した社会に対して、まだ未開であった祖先のころの制度を存続させようということは、人に、子供のころにきていたコートをずっと着るように要求するものだ。」(トーマス・ジェファーソン)


法律や憲法と同様、誤った事実認識によってもたらされた判決、時代に合わない判決は速やかに破棄されるべきなのだ


もちろん、国籍法の改悪をもたらす原因となった
msn産経ニュース/婚外子 国籍法規定は違憲 国に法改正迫る 最高裁大法廷判決
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080604/trl0806041513002-n1.htm

<引用開始>
大法廷は「父母の結婚」を国籍取得要件とした国籍法の規定を違憲とする初判断を示した。その上で、原告敗訴の2審東京高裁判決を取り消し、認知だけで国籍を認める判決を言い渡した。原告の逆転勝訴が確定した。

<引用終了>

この判決もだ!



貴様らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2010-02-19 20:29 | 中等科
わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。
以前、


愛国説教部屋#10 「道徳活動」という名の教育テロ
http://schoolforp.exblog.jp/10918577/
で、北教組(北海道教職員組合)が 「道徳活動」 と称して公職選挙法と教育公務員特例法で禁じられている選挙活動を行っていることを伝えたが、その北教組の事務所が民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区に選挙資金を提供した疑いで札幌地検特別刑事部による家宅捜索を受けたそうだ。
msn産経ニュース/北教組事務所を捜索、民主・小林議員側への資金提供疑惑
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100215/crm1002151952026-n1.htm


<引用開始>

 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=側が昨年8月の衆院選に絡み、北海道教職員組合(北教組)側から1千万円を超える資金提供を受け、選挙費用に充てていたとされる疑惑で、札幌地検特別刑事部は15日、政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)容疑で、札幌市の北教組事務所を家宅捜索した。札幌地検は小林氏側の立件に向けて詰めの捜査を進めているもようだ。

 関係者によると、小林氏側は昨年8月30日に投開票が行われた衆院選の選挙費用として、北教組側から1千数百万円の資金提供を受けた疑いが持たれている。資金は北教組の裏金から捻出されていた疑いがある。

 札幌地検は、この資金が規正法で禁じられた政治家個人への企業・団体献金にあたる疑いがあるとみて、小林氏の陣営幹部だった北教組幹部らから任意で事情聴取を続けていた。また、選挙運動費用の収支報告を義務付けた公職選挙法違反の疑いもあるとみて、公選法の適用も検討している。

 関係者によると、小林氏陣営では当初、北教組委員長が選対委員長を務めていたが、選挙直前の昨年6月に急逝したため、代わりに別の北教組幹部が陣営に入り、連合北海道札幌地区連合会の前会長(60)=今月12日に公選法違反(買収約束、事前運動)罪で有罪判決=が選対委員長代行として選挙を仕切った。

 小林氏は平成15年の衆院選に立候補し、落選したが比例で復活して初当選。17年に落選したが、昨年は小選挙区で当選し、現在2期目。




<引用終了>





北教組所属の教職員さんよう、
ねぇねぇ、北教組事務所がガサ入れ喰らっちゃってるけど

今どんな気持ち?
        ∩___∩                     ∩___∩
    ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ    __ _,, -ー ,,    ハッ   / ⌒  ⌒ 丶|
        /  (●)  (●)  ハッ   (/   "つ`..,:  ハッ (●)  (●) 丶  今、どんな気持ち?
       |     ( _●_) ミ    :/       :::::i:.   ミ (_●_ )    | ねぇ、どんな気持ち?
 ___ 彡     |∪| ミ    :i        ─::!,,    ミ、 |∪|    、彡____
 ヽ___       ヽノ、`\     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●   / ヽノ     ___/
       /       /ヽ <   r "     .r ミノ~.    〉 /\    丶
      /      /    ̄   :|::|    ::::| :::i ゚。     ̄♪   \    丶
     /     /    ♪    :|::|    ::::| :::|:            \   丶
     (_ ⌒丶...        :` |    ::::| :::|_:           /⌒_)
      | /ヽ }.          :.,'    ::(  :::}            } ヘ /
        し  )).         ::i      `.-‐"             J´((
          ソ  トントン                             ソ  トントン



ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <おらっ!北教組事務所がガサ入れ喰らった気分はどうだ
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |


lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllll/ ̄ ̄ヽlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllll /       ヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii  惨 次 あ .iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  敗 の き  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  確 選 ら  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  定 挙 め  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  だ で ろ  |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|    は    |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:. :. :. :. :. :. :. :. ‐‐--‐‐':. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,.‐- 、 : : : :
                  廴ミノ
                 ///¨' 、
                 y':;:;:;:/⌒i!
                ?:;:;:;:;};:;:/;},
      ;il||||li'       t`'---‐';:;:;:l
     ,.r'"''、,┘        7;:;:;:;:;:;:;:;「
    ノ4 (⌒i        .}:;:;:;:;:;:;;/
   /..,__彡{, |         `i:;:;:;:;:;}
   (  .ミi!} l、         .」:;:;:丿
  クュ二二`Lっ)        `==='





北教組所属の教職員さんよう、


悪いことは言わないから

「まいっちんぐ」

しちゃいなYO!

「お願い☆先生、法律違反はやめて!

という生徒の心の叫びが聞こえないのかYO!


いつまでも「道徳活動」という名の悪行を続けていると



 \
:::::  \            教師の両腕に冷たい鉄の輪がはめられた
\:::::  \
 \::::: _ヽ __   _     外界との連絡を断ち切る契約の印だ。
  ヽ/,  /_ ヽ/、 ヽ_
   // /<  __) l -,|__) > 「刑事さん・・・、俺、どうして・・・
   || | <  __)_ゝJ_)_>    教師になっちゃったのかな?」
\ ||.| <  ___)_(_)_ >
  \| |  <____ノ_(_)_ )   とめどなく大粒の涙がこぼれ落ち
   ヾヽニニ/ー--'/        震える彼らの掌を濡らした。
    |_|_t_|_♀__|
      9   ∂        「その答えを見つけるのは、お前自身だ。」
       6  ∂
       (9_∂          教師は声をあげて泣いた。



強制的に生徒に「さよなら」させられて「絶望」するハメになりますYO!


先生!






貴様らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2010-02-15 23:01 | 説教部屋

[再掲]日露戦争開戦の日

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。

今日は何度も当学園で取り上げてきた「奉天会戦」「日本海海戦」「二百三高地」「黒溝台会戦」が行われた「日露戦争」が始まった日です。

今から106年前の今日、明治37年(1904年)2月8日、旅順港内のロシア艦隊を日本海軍の駆逐艦が奇襲攻撃したのが日露戦争の始まりです。

ではなぜ日本は日露戦争を戦うことになったのか?

Wikipedia/日露戦争

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9C%B2%E6%88%A6%E4%BA%89

<引用開始>

背景

ロシアと日本の利権争いの場となった大韓帝国

大韓帝国は冊封体制から離脱したものの、満州を勢力下においたロシアが朝鮮半島に持つ利権を手がかりに南下政策を取りつつあった。当初、日本は外交努力で衝突を避けようとしたが、ロシアは強大な軍事力を背景に日本への圧力を増していった。また日本は開戦前に「局外中立宣言」をした大韓帝国における軍事行動を可能にするため、1904年2月23日に日韓議定書を締結し、開戦後8月には第一次日韓協約を締結し、大韓帝国の財政、外交に顧問を置き条約締結に日本政府との協議をすることとした。日本政府による推薦者を加えて影響力を確保し、他国への便宜供与を制約しようとの試みである他方で閔妃によってロシアに売り払われた関税権を買い戻すなど、その影響力を増していった。一方、高宗は日本の影響力をあくまでも排除しようと試み、日露戦争中においてもロシアに密書を送るなどの外交を展開していった。


日英同盟
ロシア帝国は、不凍港を求めて南下政策を採用し、露土戦争などの勝利によってバルカン半島における大きな地歩を獲得した。ロシアの影響力の増大を警戒するドイツ帝国の宰相ビスマルクは列強の代表を集めてベルリン会議を主催し、露土戦争の講和条約であるサン・ステファノ条約の破棄とベルリン条約の締結に成功した。これによりロシアはバルカン半島での南下政策を断念し、進出の矛先を極東地域に向けることになった。

近代国家の建設を急ぐ日本では、朝鮮半島を自国の独占的な勢力下におく必要があるとの意見が大勢を占めていた。朝鮮を属国としていた清との日清戦争に勝利し、朝鮮半島への影響力を排除したものの、中国への進出を目論むロシア、フランス、ドイツからの三国干渉によって、下関条約で割譲を受けた遼東半島は清に返還された。世論においてはロシアとの戦争も辞さずという強硬な意見も出たが、当時の日本には列強諸国と戦えるだけの力は無く、政府内では伊藤博文ら戦争回避派が主流を占めた。ところがロシアは露清密約を結び、日本が手放した遼東半島の南端に位置する旅順・大連を1898年に租借し、旅順に旅順艦隊(第一太平洋艦隊)を配置するなど、満洲への進出を押し進めていった。

1900年にロシアは清で発生した義和団事変(義和団事件)の混乱収拾を名目に満州へ侵攻し、全土を占領下に置いた。ロシアは満洲の植民地化を既定事実化しようとしたが、日英米がこれに抗議しロシアは撤兵を約束した。ところがロシアは履行期限を過ぎても撤退を行わず駐留軍の増強を図った。ロシアの南下が自国の権益と衝突すると考えたイギリスは危機感を募らせ、1902年に長年墨守していた孤立政策(栄光ある孤立)を捨て、日本との同盟に踏み切った(日英同盟)。日本政府内では小村寿太郎、桂太郎、山縣有朋らの対露主戦派と、伊藤博文、井上馨ら戦争回避派との論争が続き、民間においても日露開戦を唱えた戸水寛人ら七博士の意見書(七博士建白事件)や、万朝報紙上での幸徳秋水の非戦論といった議論が発生していた。

1903年4月21日に京都にあった山縣の別荘・無鄰庵で伊藤・山縣・桂・小村による「無鄰庵会談」が開催されたが物別れに終わった。桂は後にこの会談で日露開戦の覚悟が定まったと書いているが、実際の記録類ではむしろ伊藤の慎重論が優勢であったようで、後の日露交渉に反映されることになる。


直前交渉
1903年8月からの日露交渉において、日本側は朝鮮半島を日本、満洲をロシアの支配下に置くという妥協案、いわゆる満韓交換論をロシア側へ提案した。しかし、積極的な主戦論を主張していたロシア海軍や関東州総督のエヴゲーニイ・アレクセーエフらは、朝鮮半島でも増えつつあったロシアの利権を妨害される恐れのある妥協案に興味を示さなかった。さらにニコライ2世やアレクセイ・クロパトキン陸軍大臣も主戦論に同調した。常識的に考えれば、強大なロシアが日本との戦争を恐れる理由は何も無かった
セルゲイ・ヴィッテ首相は、戦争によって負けることはないにせよロシアが疲弊することを恐れ、戦争回避論を展開したが、これは皇帝達によって退けられた。ロシアは日本側への返答として、朝鮮半島の北緯39度以北を中立地帯とし、軍事目的での利用を禁ずるという提案を行った。

日本側では、この提案では朝鮮が事実上ロシアの支配下となり、日本の独立も危機的な状況になりかねないと判断した。またシベリア鉄道が複線化されるとヨーロッパに配備されているロシア軍の極東方面への派遣が容易となるので、その前の対露開戦へと国論が傾いた。そして1904年2月6日、日本の外務大臣小村寿太郎は当時のロシアのローゼン公使を外務省に呼び、国交断絶を言い渡した。

ロシア側にとって、この通告がいかに突然であったかを知るには、ローゼン公使の対応を見てもわかる。ローゼンは戦争が起きるとは想像していなかったらしく、この国交断絶通告を受け取った際、「この通告が戦争を意味するものか」と小村寿太郎に聞いた。ニコライ2世も「わがロシア帝国と日本との戦争は有り得ない。なぜなら朕がそれを欲しないから」といい、日本は戦争を決断しないだろうと考えていたという。これに対し小村寿太郎は、「この行為は戦争を意味するものではない」と返答。(司馬遼太郎『坂の上の雲』より)この返答は、国際法上の解釈から言えば違法と言えるものではないが、この状態ではどの外交ルートもあるわけではなく、実質的には戦争開始の通告である。かくしてニコライ2世は、1904年2月10日、アレクセーエフに対し日本との戦闘行為を容認。戦争を決断した。

<引用終了>




当時の日本の首脳部はロシアが満洲、朝鮮を支配下に置けば日本が直接脅威に晒され、また、問題を先送りするとシベリア鉄道が複線化されて輸送力が倍になり、ロシア軍の極東への展開が容易になり、日本の独立が危うくなると考えてロシアとの開戦を決断しました。

日本はこの戦争での数々の戦いに辛くも勝利し、アメリカに講和を仲介してもらってポーツマス講和条約を日本に有利な形で締結することによって独立を確固たる物にし、欧米列強と対等の地位を得ました。

日露戦争の勝利があるからこそ今の日本の独立、繁栄があるのです。

本校/日本史上最大の危機! 黒溝台会戦開始の日

http://blog.livedoor.jp/school_for_patriot/archives/50767914.html

でも書いたとおり、

この戦いに日本が敗れれば朝鮮、満洲、モンゴル、ウイグル、華北は確実にロシア帝国の領土となり、

日本はロシアの属国になり下がっていたでしょう。

チェチェン南オセチアのように国土が絶え間ない戦火に焼かれ、人々が殺戮や暴力におびえるような国になっていたかもしれない。

それを思えば日露戦争で戦い、亡くなられた英霊の方々に感謝の気持ちがわき上がってくるはずです。


日露戦争で戦い、亡くなられた英霊の方々に



敬礼!








けいおん! ねんどろいど 秋山澪 (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
販売元:グッドスマイルカンパニー
発売日:2009-11-26
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%91%E3%81%84%E3%81%8A%E3%82%93-%E3%81%AD%E3%82%93%E3%81%A9%E3%82%8D%E3%81%84%E3%81%A9-%E7%A7%8B%E5%B1%B1%E6%BE%AA-PVC-ABS%E5%A1%97%E8%A3%85%E6%B8%88%E3%81%BF%E5%8F%AF%E5%8B%95%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2/dp/B002JM18DK%3FSubscriptionId%3DAKIAIM37F4M6SCT5W23Q%26tag%3Dlvdrfree-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB002JM18DK



皆さんの1クリックが日本を正します。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2010-02-08 00:00 | 初等科

[再掲]北方領土の日

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。

今日は「北方領土の日」です。

Wikipedia/北方領土の日

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%96%B9%E9%A0%98%E5%9C%9F%E3%81%AE%E6%97%A5

<引用開始>

制定までの経過

昭和50年代に入り、北方領土返還運動の高まりから、青年、婦人、労働の各団体において「北方領土の日制定」を求める決議が次々と行われるようになった。そして、1980年(昭和55年)には、国会の衆参両院において「北方領土の日」の設定を含む「北方領土問題の解決促進に関する決議」が全会一致で決議されたのを始め、全国の都道府県議会や市町村議会、全国知事会、全国市議会議長会、全国市長会、全国町村会などにおいても同様な決議が行われるようになった。

こうした事を背景に、総務庁(当時)において「北方領土の日」の設定について検討することとし、広く関係各層の意見を聞くために同年12月、有識者らからなる「『北方領土の日』に関する懇談会」が開催された。この懇談会の答申を受け、1981年(昭和56年)1月6日に毎年2月7日を「北方領土の日」とすることが閣議了解によって決められた。

由来

「北方領土の日」をいつにするかについては、ソ連が択捉島への進駐を開始した8月28日などいくつかの候補があったが、最終的に、1855年(安政元年)に日本とロシア(当時は帝政ロシア)との間で最初に国境の取り決めが行われた日露和親条約が結ばれた2月7日に決まった。

行事

閣議了解では「この日を中心として全国的に集会、講演会、研修会等の行事を行い、この問題に対する国民の関心と理解を更に深め、全国的な北方領土返還運動の一層強力な推進を図る」とされている。

具体的には毎年、東京都内において青年、婦人、労働などの全国組織からなる実行委員会によって「北方領土返還要求全国大会」が、内閣総理大臣や外務大臣など政府代表、衆参両院代表や各政党代表らの出席のもと開催されている。また、全国各地でも北方領土返還要求運動都道府県民会議によって、都道府県民大会や講演会、パネル展などが企画実施されている。

<引用終了>



薄汚い欲望に溺れた旧ソ連によって強奪された北方領土は我々日本国民の手で必ず奪い返さなければなりません。

こちらのHPをご覧いただき、応援メールを送るか、できれば活動に参加していただくようよろしくお願いします。

北方領土復帰期成同盟HP

http://hoppou-d.or.jp/



皆さんの1クリックが日本を正します。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2010-02-07 00:00 | 初等科
わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。
貴様らに一つ質問する。
貴様らが異性にコクって返って来た答えが
「あなたはいい人なんだけどお付き合いできません」
だった場合、コクられた異性の本心は

「あなたはいい人」


「お付き合いできません」

どちらにあると思う?
普通は

「お付き合いできません」

の方にあると考えるだろう。


ところが、先の告白の返事で

「あなたはいい人」

という自分にとって耳触りのいい言葉だけを理解し、自分にとって不愉快な

「お付き合いできません」

の言葉を無視して自分の気持ちを相手に押しつける者がいる。

このような相手の気持ちを理解できない、あるいは理解しようとしない人間のことを巷では

ストーカー

と言う。


外国人地方参政権付与の議論も同じである。
裁判の判決文では主文こそが一番重要であり、判決理由内の枝葉末節などどうでもいいはずである。
たとえば、平成7年に最高裁で判決が出た「選挙人名簿不登録処分に対する異議の申出却下決定取消請求事件」の判決文
地方参政権/最高裁判決
http://www.chukai.ne.jp/~masago/sanseiken.html

<引用開始>

主    文

     本件上告を棄却する
     
     上告費用は上告人らの負担とする。



理    由

     (前略)

     このように、憲法九三条二項は、我が国に在留する外国人に対して地方公共団体における選挙の権利を保障したものとはいえないが、憲法第八章の地方自治に関する規定は、民主主義社会における地方自治の重要性に鑑み、住民の日常生活に密接な関連を有する公共的事務は、その地方の住民の意思に基づきその区域の地方公共団体が処理するという政治形態を憲法上の制度として保障しようとする趣旨に出たものと解されるから、我が国に在留する外国人のうちでも永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて、その意思を日常生活に密接な関連を有する地方公共団体の公共的事務の処理に反映させるべく、法律をもって、地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではないと解するのが相当である

     (以下略)

<引用終了>


では


主    文

     本件上告を棄却する


こそが重要であり、判決理由内の


我が国に在留する外国人のうちでも永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて、(中略)法律をもって、地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではないと解するのが相当である

この部分のような枝葉末節などどうでもいいはずである。

ところが、人間関係と同じく、外国人地方参政権付与の議論でも裁判の判決文の一番重要な主文の内容を無視し、判決理由内の自分にとって都合のいい枝葉末節を元に暴論を主張するストーカーのような者がいる。

愛国説教部屋#13 「外国人地方参政権付与」に賛成する悪い子はいねえが~
http://schoolforp.exblog.jp/12015033/

で書いた村野瀬玲奈もそうだが、Afternoon cafeの秋原葉もその一人だ。
Afternoon cafe/外国人参政権FAQ
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-369.html
<引用開始>
※判決に法的拘束力が認められるのは主文のみで、地方参政権を認めた傍論には法的拘束力がない。主文では外国人参政権を否定しているから、外国人参政権を認めるのは違憲だ。

(中略)

おそらく「主文の判決理由(外国人参政権は違憲だ)と傍論部分(永住者には地方参政権をみとめてもOK)は論理的に矛盾する、だから主文の判決理由の方が優先し、法的拘束力のない傍論部分は無視して良し。」と言いたいのでしょう。

では、主文の判決理由をもう一度見てみましょう。

『憲法15条1項の規定は、権利の性質上日本国民のみを対象とし、右規定による権利の保障は外国人に及ばないものと解するのが相当である。(中略)憲法93条2項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり、右規定は、我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものということはできない。』

要約すると
「参政権の保障は外国人に及ばない
地方参政権についても憲法は外国人にその権利を保障したものということはできない」
つまり、
憲法は外国人参政権を保障しているわけではないから、「外国人参政権は憲法上要請されてる権利である、外国人参政権を認めないのは違憲である」と主張することはできない、といってるわけです。

これは、外国人参政権を認めることは全面的に憲法で禁止されてる、違憲であるということと同義ではありません。憲法は保障してないだけで、禁止してるとまでは言ってないのです。
「違憲だ~!」と声高に叫ぶ人はここを都合良く読みかえてるわけですね。

従って後半部分の、「永住者等に立法で地方参政権を与えることは別に憲法で禁止されていませんから、立法政策の問題ですよ」という部分とは何の矛盾もありません。

単に「外国人参政権は憲法で保障されてないので認められてなくても違憲ではないが、地方参政権を認めるかどうかは立法政策に任されてますよ。それは前の大法廷判決の通りですよ」といっているのであって、この中から後半部分だけを取り出し、「この部分の傍論には法的拘束力がない。」と言ってみたところでなんの意味もありませんし、何の影響もありません。「だから何?」なのです。

以上から、「外国人に参政権は違憲である」「傍論に法的拘束力はない」との主張はナンセンスであることがおわかりいただけたかと思います。
というか、説明しなくても自明のことだと思ってました、単純に国語の問題ですから^^;

(調べ直したところ、一部説明が不正確でしたので訂正しました。判決理由のこの部分だけをピックアップして傍論と言うことに何の意味もない、とのことでした。)

<引用終了>


たしかに
>説明しなくても自明のことだと思ってました、単純に国語の問題ですから^^;

である・・・はずなのだが、判決理由内の自分が引用した部分にすら
>『憲法15条1項の規定は、権利の性質上日本国民のみを対象とし、右規定による権利の保障は外国人に及ばないものと解するのが相当である。(中略)憲法93条2項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり、右規定は、我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものということはできない。』

こうあるのに


>これは、外国人参政権を認めることは全面的に憲法で禁止されてる、違憲であるということと同義ではありません。憲法は保障してないだけで、禁止してるとまでは言ってないのです。


と理解しうる根拠がわしには全く理解できない。

もう一度言う。

平成7年に最高裁で判決が出た「選挙人名簿不登録処分に対する異議の申出却下決定取消請求事件」の判決文
では


主    文

     本件上告を棄却する

とそれを補強する

【要旨】
  日本国民たる住民に限り地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有するものとした地方自治法一一条、一八条、公職選挙法九条二項は、憲法一五条一項、九三条二項に違反しない


こそが重要であり、判決理由内の


我が国に在留する外国人のうちでも永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて、(中略)法律をもって、地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではないと解するのが相当である

この部分のような枝葉末節などどうでもいい。

そして、永住外国人に地方参政権を認めるべきとする訴えが最高裁で棄却された事実はいかなる意味を持つのか?
それは最高裁の判例が法律の上位にあり、法律が最高裁の判例に矛盾することがあってはならないことから、法律の上位にある最高法規である日本国憲法に

外国人に参政権を認めてはならない

と明記されているに等しいのだ!

秋原葉よ、
>説明しなくても自明のことだと思ってました、単純に国語の問題ですから^^;

お前の言うとおりだ。

e0190088_21305236.jpg



そして、相手の気持ちを理解できない、あるいは理解しようとしない

ストーカー癖


を直し、他人ひいては国民を思いやる気持ちを持て!


貴様らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2010-02-05 21:34 | 放課後デムパ倶楽部