笑いを生じ、かつ賢き忠言によって人生を教える書物は二重の喜びである(ファエドルス)


by schoolforpatriot

<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。

               /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
: 国 :    /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´   : : :
: が :   //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\    : : :
: 何 :  /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄   : : :
: だ :   |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\.   : : :
: か :   |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄   : : :
: よ  :   }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、   : : :
: く :.  |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
  わ     / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
  か      l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
  ら     r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
  な   /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
  い    ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |

鳩山には国家間で交わされた約束の重みがわかっていないようだ。

msn産経ニュース/普天間移設、日本が結論先送り方針を説明 米側は再編計画全体への悪影響を懸念

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091204/plc0912041948015-n1.htm

<引用開始>

 日米両政府は4日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する日米閣僚級作業グループ(WG)を外務省で開いた。WGは普天間問題の早期決着を目指しているが、鳩山由紀夫首相が年内決着を先送りする意向を固め、辺野古以外の新たな移設先の検討を示唆したことで、移設計画が大幅に遅れる可能性がある。

 2回目となるこの日のWGには、日本側から岡田克也外相、北沢俊美防衛相らが出席。米国はルース駐日大使やシファー国防副次官補、メア国務省日本部長らが参加した。

 北沢氏は「年内に確定的な結論を出すことは容易ではなくなってきている」と米側に伝えた。また岡田氏は「連立与党との関係で厳しい状況にある」と述べ、社民党が現行計画に反対している事情などを説明し、最終判断を越年させることなどに理解を求めた。

 これに対し、米側は「現行案が唯一、実現可能な案だ」と従来の姿勢を強調。「このままの状況が続けばさらに困難になることを懸念している」とし、鳩山首相が結論を先送りすることへの懸念を表明した。

 さらに、日米両政府がキャンプ・シュワブ(同県名護市辺野古)移設を平成26年までに完了させる米軍再編のロードマップ(工程表)に合意していることを踏まえ、米側は「普天間移設が進まないとロードマップ全体に悪影響を及ぼしかねない」と指摘した。

 さらに、岡田、北沢両氏は、鳩山首相が辺野古以外の新たな移設先の検討を指示したとされることについて「新たな指示があった事実はない」と否定した。与党内で浮上している米グアム島などへの移設案は話題に上らなかった。

 次回協議の日程は決まっていない。煮え切らない日本側の姿勢に対し、辺野古案での早期決着を譲らない米側との隔たりの大きさが改めて浮き彫りになった。

<引用終了>



鳩山は以前行われた日米首脳会談でこのようなことを言っていた。

同/【オバマ大統領来日】同盟深化へ政府間協議

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091113/plc0911132304016-n1.htm

<引用開始>

 普天間問題は最大の懸案だが、閣僚級の作業部会で協議することを確認。首相は「できるだけ早い時期に解決したい。前政権の合意を重く受け止めている」と表明した。

<引用終了>



鳩山首相は日米首脳会談で話し合われた普天間基地移設を「できるだけ早い時期に解決したい。」とするオバマ大統領との合意を反故にしようとしている。

これが何を意味するのか?

彼は先の衆議院選挙で第一党となった党の代表であり、間接的ではあるが我々国民が選挙で選んだわが国の首相なのだ。

日本国民が選挙で選んだ鳩山首相の発言は取りも直さず外国の人々からは日本国民の総意とみなされる。

鳩山首相が国家間の合意を反故にすれば日本国民がそれに合意したことになるのだ。

外国の人々がこのような鳩山首相の言動を見れば

「日本人はこういう奴=嘘つき」

だと思うことだろう。

諸君らは外国の人々に嘘つきだと思われたいか?

日本の評価を下げたいか?

いやなら、いくら鳩山を含む民主党とその支持者が聞こえのいい政策を並べ立て、

TRUST ME ~私を信じて

http://www.youtube.com/watch?v=MuIvz6qat3w&feature=player_embedded



と言っても



NEVER TRUST THEM FOREVER!

http://www.youtube.com/watch?v=TZGCl_muB54&feature=player_embedded



決して彼らを信じてはならない!



永遠に。

http://www.youtube.com/watch?v=97kT1VqEQ1Q&feature=player_embedded



そして一刻も早く鳩山由紀夫民主党政権の座から引きずり下ろすのだ!


諸君らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2009-12-05 00:19 | 中等科