笑いを生じ、かつ賢き忠言によって人生を教える書物は二重の喜びである(ファエドルス)


by schoolforpatriot

祝!民主党統一地方選挙(前半)惨敗

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。
4月10日に行われた地方統一選挙(前半)で民主党が惨敗した。
msn産経ニュース/民主惨敗 道府県議選69議席減 執行部の責任問題浮上必至
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110411/elc11041107140043-n1.htm
<引用開始> 
 第17回統一地方選前半戦の投開票が10日行われ、事実上の与野党対決となった3知事選のうち、東京は自民、公明両党が支援した石原慎太郎氏(78)が4回目の当選を果たした。北海道も自民党推薦の高橋はるみ氏(57)が3選を決め、民主党の岡田克也幹事長の地元・三重でも自民党などが推薦した鈴木英敬氏(36)が初当選を果たした。知事選で完敗した民主党は、道府県議選でも改選時勢力415議席から69議席減らし346議席にとどまった。菅直人首相ら党執行部の責任問題が浮上するのは必至だ。





 投開票されたのは、東京、北海道をはじめ、神奈川、福井、三重、奈良、鳥取、島根、徳島、福岡、佐賀、大分の12都道県知事選。このほか札幌、相模原、静岡、広島の4政令市長選、41道府県議選、15政令市議選が実施された。

 東日本大震災で自粛ムードとなった都知事選の争点は首都の防災対策。これが現職の石原氏に追い風となり、自公両党支持層だけでなく、無党派層や民主支持層にも幅広く浸透した。

 相乗り知事選では、神奈川で元キャスターの黒岩祐治氏(56)、福岡で元内閣広報官の小川洋氏(61)が初当選。福井で西川一誠氏(66)、徳島で飯泉(いいずみ)嘉門氏(50)、佐賀で古川康氏(52)が3選、鳥取で平井伸治氏(49)が再選された。

 民主党が不戦敗となった3知事選のうち奈良は荒井正吾氏(66)、島根は溝口善兵衛氏(65)が再選。大分は広瀬勝貞氏(68)が3選した。

 政令市長選は、札幌で民主党など推薦の上田文雄氏(62)が3選。広島は自民、公明両党推薦の松井一実氏(58)が初当選し、民主、自民の対決型では1勝1敗だった。相乗り型では相模原で加山俊夫氏(66)が再選。静岡は田辺信宏氏(49)が減税日本公認候補を破り初当選した。

 41道府県議選と15政令市議選では、橋下徹大阪府知事率いる「大阪維新の会」が府議選で過半数を占め市議選でも第一党となった。

<引用終了>

首長選では札幌で民主党など推薦の上田文雄氏が当選したために

民主党の首長選零勝全敗

こそならなかったものの相模原市、岡山市を除く道府県・政令指定都市議会選挙では自民党の議席占有率が民主党のそれを大きく上回った。

今の貴様らの心境はきっとこう叫びたい気分だろう。

そーれそーれそれそーれそ(斬)
e0190088_18592484.jpg


そーれそーれそれそーれそ(斬)
e0190088_18592484.jpg


そーれそーれそれそーれそ(斬)
e0190088_18592484.jpg


おりゃおりゃおりゃおりゃ
e0190088_1901781.jpg


よっしゃあ!
e0190088_1925675.jpg




よっしゃあ漢唄/角田信朗


わしから貴様らに一言礼を言わせてくれ。
地方統一選挙(前半)での民主党の「惨敗」という形で国を守ってくれてありがとう。
我々国民一人一人の力は小さい
だが、ひとつに結集すれば今回の地方統一選挙(前半)で民主党惨敗させたように売国勢力日本破壊の策謀打ち破ることができる。

貴様らにはこれからも日本にとっての守護天使の如くあってほしい。

平沢勝栄氏や秋山好古・真之兄弟のように・・・。

そして3月11日に発生した東日本大震災の復興を名目とした菅政権の居直り、焼け太りを断じて許してはならない。

福島第一原発の事故処理完了を待つことなく菅政権に解散の圧力をかけよ!

菅政権を一刻も早く

崩せ!
e0190088_1965899.jpg


叩け!
e0190088_1973149.jpg


潰せ!
e0190088_198780.jpg



貴様らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2011-04-11 19:13 | 高等科