笑いを生じ、かつ賢き忠言によって人生を教える書物は二重の喜びである(ファエドルス)


by schoolforpatriot

タマなしの那覇地検、シナ人船長を釈放す

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。
那覇地検が海保の巡視船に衝突させたシナ人船長を釈放したそうだ。
msn産経ニュース/【尖閣衝突事件】中国人船長を釈放へ 那覇地検「日中関係考慮」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100924/crm1009241445019-n1.htm
<引用開始>

沖縄・尖閣諸島付近の日本領海で海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件で、那覇地検は24日、中国漁船の●(=擔のつくり)其雄船長(41)を処分保留で釈放すると発表した。

 那覇地検は処分保留とした理由について「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」と述べた。

 船長は公務執行妨害の容疑を否認しているという。地検は船長の行為について「とっさにとった行為で、計画性は認められない」としながら「故意に衝突させたことは明白」と述べた。釈放時期は未定としているが、近く釈放され、中国に送還される見通し。

 船長は、7日午前10時55分ごろ、巡視船「みずき」が立ち入り検査のため停船を命じながら追跡した際、船のかじを左に大きく切ってみずきの右舷に衝突させるなどし、海上保安官の職務執行を妨害した疑いで逮捕されていた。

 石垣海上保安部は8日未明に船長を逮捕。石垣簡裁は29日までの拘置延長を認めていた。

<引用終了>


シナ政府がちょっと脅しただけで起訴もせず釈放か?

那覇地検の検事どもは元々「琉」と自称していた国の末裔のくせに金がついていないのか?

宥和政策
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A5%E5%92%8C%E6%94%BF%E7%AD%96
<引用開始>

ミュンヘン会談後の宥和政策 [編集]
詳細は「チェコスロバキア併合」、「ポーランド侵攻」をそれぞれ参照

ミュンヘン会談の結果、チェコスロバキアは要塞線やシュコダ社の軍需工場をはじめとする工場地帯を失い、ドイツに抵抗する力を無くした。1939年3月にはドイツの策動により、チェコスロバキアからスロバキア、カルパト・ウクライナが独立。スロバキアはドイツの保護国に、カルパト・ウクライナはドイツの同盟国ハンガリー王国に編入された。残ったチェコもドイツの要求に屈し、併合された。

これはミュンヘン会談の合意を完全に踏みにじるものであった。イギリスの世論は沸騰し、反独気運が高まった。チェンバレンは強硬な抗議を行ったが、軍事的措置はとらなかった。

次なるポーランド回廊を巡るナチス・ドイツの要求に対し、イギリス・フランスはポーランドと同盟を結ぶことによってポーランドを援助し、ポーランドはドイツの要求に抵抗した。

1939年9月1日、ドイツはポーランドに侵攻、英仏はついにドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が始まる。当時西部戦線のドイツ軍兵力が29個師団だったのに対し、英仏は110個師団を有して英仏側が優勢であったが、英仏はポーランド援助やドイツ本土侵攻といった手段はとらず、防備にのみ務めた。高機動力を誇るドイツ軍の前にポーランド軍はいとも簡単に粉砕され、ポーランドはドイツとソビエト連邦によって東西に分割された。宥和政策と優柔不断な外交によりポーランドは大国と交わした条約を遵守されることなく侵略・占領されたのである。
<引用終了>

を見ればわかるとおり、独裁国家への譲歩はさらなる危機につながることがなぜわからないのか?


那覇地検の検事ども、「国民への影響」だの「日中関係」だのと口からクソをタレる前と後ろに"sir"をつけろ!
http://www.youtube.com/watch?v=WcxPdFPXoWc&feature=related


諸君、こやつらタマなしの那覇地検の検事どもに喝を入れてやるがいい。
那覇地検
TEL (098)835-9200(代表)

那覇地検HP/ご意見・ご質問
https://www.kensatsu.go.jp/kensatsumail/feedback.php?id=041



諸君らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2010-09-24 19:10 | 中等科