笑いを生じ、かつ賢き忠言によって人生を教える書物は二重の喜びである(ファエドルス)


by schoolforpatriot

「アメリカ政府は爾後鳩山政権を相手にせず」 ~アメリカ政府、普天間基地の継続使用の意向を固める

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。
アメリカ政府はルーピーを対等な交渉相手とする値打ちがないことを思い知ったようだ。
msn産経ニュース/米政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100418/plc1004180130002-n1.htm
<引用開始>
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、鳩山政権が目指す5月末までの決着が困難になっているのを受け、米政府は飛行場を継続使用していくとの判断を固めたことが分かった。複数の日米関係筋が明らかにした。米政府は今後、鳩山政権の出方を見守りながら、継続使用する考えを日本側に伝えるタイミングをはかっていく。

 日本政府が新たに検討しているキャンプ・シュワブ(同県名護市辺野古)南方沖の浅瀬案は、同沿岸部へ移設するとした現行案を事実上、微修正したに過ぎず、米側が容認する可能性も残されている。しかし、日米関係筋によると、米政府が普天間飛行場を継続使用せざるを得ないと判断したのは、同案の与党内の調整が困難で合意できる見通しがないとみているからだ。

 米政府は、現行案を「最善」としながらも、2月ごろまでは「さまざまな異なる可能性に向き合う用意がある」(キャンベル国務次官補)として、決断を先送りする鳩山政権に「忍耐」を示してきた。

 しかし米政府はこうした方針を転換し、3月下旬に訪米した岡田克也外相にゲーツ国防長官が「海兵隊の沖縄駐留が政治面でも部隊運用面でも持続可能なものでなければならない」と米側の具体的な意向を初めて伝えた。

 「政治面」とは、移設先の地元の合意が必要だという意味であり、「部隊運用面」が、航空、地上、訓練場所が同じ地域にあるという意味であることを踏まえれば、2つの条件を「持続可能」とするには、現行案を履行する以外の選択肢はあり得ないというメッセージだった。

 迷走を続ける鳩山政権について、米政府高官は日米関係筋に、「ハトヤマは事態の深刻さが分かっていない。米政府は鳩山政権に期待するのをあきらめた」と語ったという。その具体的な答えが、12日の核安全保障サミットの夕食会を利用した10分間の非公式会談だった、という。
<引用終了>


この件は
Birth of Blues/【友愛】謎のルーピー10分トーキング密談の断片暴露される「ハトヤマは事態の深刻さが分かっていない。 米政府は鳩山政権に期待するのをあきらめた」
http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51025297.html

日本アンチキムチ団/普天間問題 五月までたっぷり時間を残して決着か?
http://antikimchi.seesaa.net/article/146843706.html

でも取り上げられています。

>迷走を続ける鳩山政権について、米政府高官は日米関係筋に、「ハトヤマは事態の深刻さが分かっていない。米政府は鳩山政権に期待するのをあきらめた」と語ったという。その具体的な答えが、12日の核安全保障サミットの夕食会を利用した10分間の非公式会談だった、という。

悲しいことだが、これが鳩山政権の安全保障に関する無知、無策、無能がもたらしたアメリカ政府の反応である。

だが、これは笑いごとでは済まされない。

>「ハトヤマは事態の深刻さが分かっていない。米政府は鳩山政権に期待するのをあきらめた

これは取りも直さず「日本国民は事態の深刻さが分かっていない。米政府は日本国民に期待するのをあきらめた」と言われているのと同じなのだ。

なぜなら、鳩山政権は他でもない我々が去年の衆議院選挙で選んだ政権だからだ。

我々が祖国を守ろうとする気概を持たず、安全保障に関して無知、無策、無能だから鳩山政権が普天間基地の移転先を二転三転と翻し、アメリカ政府に呆れられるのだ。

オバマ大統領を頂点とするアメリカ政府はマッカーサーが「12歳の少年」と称した占領下の頃から日本国民が進歩していない・・・いや、それどころかGHQの押し進めたWGIPから始まる反日勢力のメディア&教育界の支配によって退化していることを思い知ったことだろう。

そして、鳩山政権との交渉で

米軍による韓国兵の扱いマニュアル
1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
2.命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。
4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない
5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。但し、徹底的に解らせる迄手を抜いてはいけない。
6.相手を3才児と思って信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな

これを思い出したかもしれない。

アメリカ政府は今以降、鳩山政権に対して

1.鳩山政権には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
2.命令を聞かない場合は国益で解らせろ。
3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを国益で解らせろ。
4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない
5.国益で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。但し、徹底的に解らせる迄手を抜いてはいけない。
6.相手を3才児と思って信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな

このような態度に出るかもしれない。


諸君、アメリカを始めとする外国にバカにされたくなければ

祖国を守ろうとする気概を持て!



諸君らのクリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2010-04-18 09:16 | 中等科