笑いを生じ、かつ賢き忠言によって人生を教える書物は二重の喜びである(ファエドルス)


by schoolforpatriot

放課後デムパ倶楽部#42 moon crimsonpower melt down!

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。
”アカサギ”の被害者がまた一人現れた。
今度は
放課後デムパ倶楽部#40 ヴァナコ・ラル 特攻!
http://schoolforp.exblog.jp/12185517/
で取り上げたvanacoralと同様、比較的政治系ニュースを積極的に得ていると思われる政治系ブログを書いている者である。
そのブロガーの名は秋原葉月
では彼女の「泣きごと」を見てみよう。
Afternoon Cafe/政権がチェンジして、私達の社会は何かチェンジしたでしょうか?
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-433.html

<引用開始>
自公政権時代に新自由主義、市場原理主義が猛威をふるい、格差と貧困が蔓延し、社会的弱者は「自己責任」の一言で冷徹に突き放される殺伐とした国になりました。
政権交代によりこの流れはすこしでも変わったかといえば、答えはNOです。

(中略)

景気回復は全く先行きが見えず、失業率は高いまま。
最も緊急性の高い政策の一つ、労働者派遣法改正も骨抜きです。
(すくらむさんの派遣労働者の8割容認し使い捨て温存する政府法案 - 民主党は公約違反やめ派遣法の抜本改正ををお読み下さい)
2009派遣村東京都の冷酷な対応は記憶に新しいですね。
セイフティネットの張り直し、社会保障の充実も遅々として進みません。
後期高齢者制度はそのままだし・・・社会的弱者を切り捨てない社会へチェンジする望みを民主党に託したはずなんですが。

高額所得者の税率を元に戻す(税率を上げる)よう見直すこともなく、大企業の内部留保も見て見ぬふり。
それどころか、大企業法人税を減税するといってみたり、消費税増税の禁を破って手をつけたい欲望がありあり。
事業仕分けするなら軍事費や思いやり予算にまっ先に手を付ければよいものを・・。

沖縄に対するペテン師顔負けの裏切り行為は決して許されるものではありません。激しい怒りを感じます。
もうこの普天間問題だけで民主党は既にアウトと言って良かろうと思います。こんな裏切り行為をする政党には政権交代の担い手となる資格などなかったと言いたいくらいです。

民主党政権は、財界やアメリカ様の方を向いて、国民、特に社会的弱者に目を向けない自公政権と本質が変わらないことがどんどん証明されてきています。
こんな民主と自民の二大政党政治だけはごめんこうむりたいです。

取り調べ可視化法案は見送るし(時効制度の見直しより可視化のほうが先だと思いますが)、君が代日の丸に関しても自公時代と同じく国家主義的色彩は強いままだし・・・あげればきりがありません(ため息)

なんと言っても中井国家公安委員長の朝鮮高校の高校授業料無償化除外の発言は、未だ日本は人権意識の遅れた進歩のない国なのだとしみじみ思い知らせてくれました。閣内ですらレイシズムが公然と大手を振れるのですから。
国連人権差別撤廃委員会はこれを「子どもたちの教育に差別的な影響を及ぼす行為」の一つとして懸念を表明しました。人権後進国であるのは自公時代と変わらないのだという恥を世界に晒したというのに、鳩山内閣からは中井氏更迭のそぶりすらありません。
本当に憤懣やるかたないです。

(中略)

そういえば、在特会の京都の朝鮮学校襲撃は政権交代後でしたね。
このときの警察はまるで在特会の用心棒のようでしたが、この警察の上にたつ国家公安委員長はこの中井氏、さもありなん。

(中略)

残念ながら政権がチェンジしても、本質的な部分は何もチェンジしていないと評価せざるを得ないでしょう。
予想されていたこととは言え、これでは政権交代の意味がありませんね


特に私が言っておきたいのは、政治、政権だけではなく、市民社会の風潮、意識自体もさほど変わっていない、ということです。自己責任論がもたらした殺伐とした社会の空気がちっともチェンジしていないのです。
国民全体の意識が、弱者を自己責任で切り捨てるのがあるべき社会の姿ではなく、こぼれ落ちるものを救う網を張り相互扶助するのが社会の機能だという認識にはっきりと転換してきていないように感じます。
こういう殺伐とした風潮は朝鮮学校を無償化から排除するという冷酷なレイシズムとも結びつきやすく、社会全体の人権意識はますます停滞又は後退していくでしょう。

政治と社会の意識、両方はお互い連動しています。
政治が質的に進歩しなければ社会の空気も変わらないし、私達一人一人市民社会レベルの意識が変わらなければ政治を変える力は生まれないでしょう。


変わらない政治、変わらない社会の閉塞感
民主党に失望し、だけども自民にも愛想をつかして焼けぼっくいに火はつかない。そんな有権者が希望を託す先は、橋下氏や舛添氏のような急進的なポピュリストである気がしてなりません。
ファシズムを呼ぶ時限爆弾のタイマーは政権交代によっても止まらず、そのままチクタク進んでるような不安を感じるのは私だけではないと思います
<引用終了>


もう一度言う。
自分自身を含む全日本国民に民主党政治の被害をもたらした秋原葉月のような情弱とは一体どういう者たちか?



それは野生の動物に例えると、

五感の衰えた草食動物のようなものである。

そのような動物が肉食動物に食い物にされるのは当然ではないか!

情報収集能力や判断力がない者が詐欺師に金をだまし取られるのは当然ではないか!

情報を積極的に得ようとせずオールドメディアのタレ流す情報を鵜呑みにする者が悪政に苦しめられるのは当然ではないか!



有権者よ、民主党社民党、国民新党という

”アカサギ”
に騙されるな!

”アカサギ”に騙されない方法はただ一つ、

政治に関する正しい情報を得るように努めることである。

そして自分、ひいては国のために働いてくれる候補者に投票し、国&国民に害悪をもたらす者を弾劾して



政界から追放せよ!


秋原葉月ブサヨブロガーにしては

政治と社会の意識、両方はお互い連動しています。
政治が質的に進歩しなければ社会の空気も変わらないし、私達一人一人市民社会レベルの意識が変わらなければ政治を変える力は生まれないでしょう。


わかっている方なので、

真実に目覚め

彼女が一度は光と信じた
http://www.youtube.com/watch?v=c4DFlxTfYMg&feature=player_embedded

小沢一郎・民主党幹事長閣下

「何するのもいいが、自分の行動に責任を持って(ほしい)。人のせいにしてはいけない。社会が悪いから、政治が悪いからこうなんだ(と非難する)、そんな人間は本当の意味で民主主義社会の一員ではない

こうおっしゃったとおり、

>国民全体の意識が、弱者を自己責任で切り捨てるのがあるべき社会の姿ではなく、こぼれ落ちるものを救う網を張り相互扶助するのが社会の機能だという認識にはっきりと転換してきていないように感じます。

このような他人や社会、政府によりかかる依存心を捨てて

「自助努力の精神」を持ち

彼女が尊敬しているであろうマハトマ・ガンジー氏の

愛国心を育てる名言/愛国心は人類愛と同一である。私は人間… マハトマ・ガンジー>>
http://ilovenippon.jugem.jp/?eid=132

<引用開始>

愛国心は人類愛と同一である

私は人間であり、

人間的なるがゆえに愛国者である

<引用終了>



この言葉どおりに
愛国心なき獣から

愛国心を持つ人間

クラスチェンジすれば


彼女の真っ赤に染まった思考

「全てとかし 無残に飛び散るはずさ」 (愛をとりもどせ/クリスタルキング)
http://www.youtube.com/watch?v=ZE0gTjHM8BQ&feature=player_embedded




もちろんこれは彼女だけでなく国民一人一人に言えることである。

国民よ、国を変えたければ

真実に目覚めよ!

「自助努力の精神」を持て!

愛国心を持つ人間になれ!






貴様らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2010-03-31 23:08 | 放課後デムパ倶楽部