笑いを生じ、かつ賢き忠言によって人生を教える書物は二重の喜びである(ファエドルス)


by schoolforpatriot

発音の間違いが国を滅ぼす? ~鳩山首相(笑)、CO2の1990年比25%削減を国際公約

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。

「エコ恐慌」発生? 民主党は「ジャポン・ルージュ」だ!

http://schoolforp.exblog.jp/11083622/

で、民主党のCO2の1990年比25%削減計画が日本の経済活動に大打撃を与えること、国民生活を破滅に導くことを伝えたが、とうとう、鳩山首相(笑)がCO2の1990年比25%削減を国際公約してしまいました。

msn産経ニュース/鳩山首相が国連で「温室効果ガス25%削減」を表明

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090922/plc0909222334014-n1.htm



<引用開始>

 世界90カ国以上の指導者が出席した国連気候変動首脳会合が22日午前(日本時間同夜)に開かれ、鳩山由紀夫首相が演説した。首相は、温室効果ガス削減の中期目標について、主要国の参加による「意欲的な目標の合意」を前提に「1990年比で2020年までに25%削減を目指す」と表明した。

 25%の削減は、民主党が先の衆院選で掲げた政権公約(マニフェスト)に盛り込んだ主要政策。麻生前政権が示した「05年比15%削減」(90年比8%削減)より大幅に踏み込んだ目標を事実上の国際公約としたことで、日本は実行へ重い責任が課せられた形だ。

 演説で首相は、「あらゆる政策を総動員して実現を目指す」として、企業間で排出枠を売買する国内排出量取引制度や、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の導入、温室効果ガス対策税(環境税)を検討する考えを示した。

 ただ、首相は、「わが国だけが高い目標を掲げても気候変動を止めることはできない。世界のすべての主要国による公平かつ実効性のある国際的枠組みの構築が不可欠だ」とも強調。12月の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)での合意に向け、主要ガス排出国である米国や中国などの前向きな対応を促した。

 首相はまた、途上国支援に関する「鳩山イニシアチブ」として、(1)日本を含む先進国の官民資金による貢献(2)途上国の排出削減の検証可能なルール策定(3)資金の透明性、実効性確保のための国際システム構築(4)技術移転に伴う知的所有権保護-を提唱。その上で、日本として「これまでと同等以上の資金的、技術的な支援を行う用意がある」と表明した。ただ、具体的な金額は示さなかった。

 首相はオバマ米政権が景気対策と環境技術振興を一体で進めている「グリーン・ニューディール」を評価し「気候変動への積極的取り組みは電気自動車、太陽光発電を含む技術や新規雇用を提供する」と表明。また「産業革命以来の社会構造を転換し、持続可能な社会をつくることが次世代への責務だ」と強調した。


<引用終了>



この件は

Birth of Blues/【友愛】 鳩山首相 国連総会で温室効果ガス25%削減宣言 連合さん痛恨のお灸をすえられる

http://birthofblues.livedoor.biz/archives/50914709.htm

2ch ニュース速報+ ダイジェスト/【政治】鳩山首相「日本はこれまで以上の資金・技術的な支援を行う用意がある」 国連で「温室効果ガス25%削減」を表明

http://digest2chnewsplus.blog59.fc2.com/blog-entry-9838.html

日本アンチキムチ団/鳩山イニシアチブ:国連でのCO2ガス25%削減宣言が無条件だった件

http://antikimchi.seesaa.net/article/128665664.html

同/鳩山由紀夫の英語の発音ミスが原因で日本が無条件25%削減を宣言した事になってしまった件(w

http://antikimchi.seesaa.net/article/128668104.html

でも取り上げられています。

しかも、

日本アンチキムチ団/鳩山由紀夫の英語の発音ミスが原因で日本が無条件25%削減を宣言した事になってしまった件(w

http://antikimchi.seesaa.net/article/128668104.html

によると、

<引用開始>
何故、海外での報道が日本と違うのかその理由が分かりました。(爆w

一分ぐらいからが国連での問題の箇所。

http://www.youtube.com/watch?v=zJqxrj_5GMY&feature=player_embedded

このように聞こえてしまったわけです。(爆w

The commitment of Japan to the world is remised on agreement on ambitious targets by all the major economies.

(追記、訳:日本の世界への公約はすべての主要先進国による野心的な目標の合意の元に屈した。)

何回聞いてもRemisedと言ってる件。(爆w

要するに、

premised (註:premise~前置きとして述べる)

発音が弱すぎてremised(サレンダー、ギブアップする)
になっちゃったんですね。(爆w

英語は麻生さんの方が完全に上だよ。(爆w

どちらにしろ先に条件を提示せずに25%やるって宣言して
喝采を浴びてから、こっそり後出しジャンケンみたいに
ちょこっと非常に分かりにくい言い回しで曖昧な条件を
言ってるわけ。これじゃその場に居た人は皆、
無条件で25%だと思っちゃう。(w

If all the major economies agree to set ambitions targets, then Japan will commit to 25% target.

(追記、訳:もし、主要先進国が野心的な目標の設定に合意したらならば、日本は25%の目標を公約する。)


みたいに
先に条件を提示するのがこの手のスピーチの鉄則。
悪徳商法みたいに後でコッソリ条件を言うのは反則です。(w
<引用終了>



という鳩山首相(笑)の発音間違いによって、本来、

The commitment of Japan to the world is premised on agreement on anbitious targets by all the major economies.

(追記、訳:日本の世界への公約はすべての主要先進国による野心的な目標の合意を前提として述べられる)


となるべきところを

The commitment of Japan to the world is remised on agreement on ambitious targets by all the major economies.

(訳:日本の世界への公約はすべての主要先進国による野心的な目標の合意の元に屈した。)


となってしまったのだ。

日本が外国の合意を前提としてCO2削減を公約するか、外国に何らの条件を付けずに外国に屈してCO2削減を公約するかでは大違いである。



これは笑いごとでは済まされない!



現に、外交的な発言を捻じ曲げられたことで戦争に発展したことがあった。

Wikipedia/エムス電報事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%82%B9%E9%9B%BB%E5%A0%B1%E4%BA%8B%E4%BB%B6

<引用開始>
スペイン出身で自身も熱心なカトリックであったフランス皇后ウジェニーは、スペインにおける教皇の影響力低下を恐れプロテスタントのホーエンツォレルン家出身者が王位につくことに特に強く反対していた。ウジェニーはレオポルト公の王位辞退だけでは満足できず、未来永劫に渡ってスペインの王位候補者をホーエンツォレルン家から出さないことへの約束をヴィルヘルム1世に求めた。

1870年7月13日、ドイツ西部の温泉地バート・エムスで静養中のヴィルヘルム1世を訪ねたフランス大使ヴァンサン・ベネデッティ伯爵は、上述の保証のために会見を求めた。しかし既に王位辞退という形で譲歩を行っていた国王は、未来永劫にわたって保証することは不可能であり、自分にその権限はない、としてこのさらなる要求を拒否し、ベルリンのビスマルクに事の経緯を打電した。

国王からの電報を受け取ったビスマルクは、この電報を政治的に利用することを思いつき、電報を意図的に短縮して、非礼なフランス大使が将来にわたる立候補辞退を脅迫し、それに立腹した国王が大使を強く追い返したように改竄した上で、新聞や各国に公表した。文章の省略によって国王の大使への拒絶は強調され、加えてビスマルクが故意に事実と異なった状況説明を行ったため、かねてからくすぶっていたフランス・プロイセン両国の敵対心は煽られ、世論は戦争へと傾いた。ヴィルヘルム1世自身、翌朝の新聞報道を読んで「これは戦争だ」と叫んだといわれる。

開戦反対の声がまったく無かったわけではなかったが、戦争を求める強い世論に流されるまま、フランスは7月15日に開戦を閣議決定し、7月19日にプロイセンに宣戦を布告した。これにより普仏戦争が始まった

<引用終了>



この普仏戦争の結果、フランスはプロイセンに大敗し、ナポレオン三世が退位に追い込まれたばかりか、領土をプロイセンに奪われることになったのだ。

”電報=国王の発言”を改ざんしてフランスを挑発したプロイセンは南ドイツにおけるフランスのプレゼンスを排除してプロイセンの主導でドイツを統一することに成功したのだ。



もちろん鳩山首相(笑)外国の合意を前提としてCO2削減を公約するか外国に何らの条件を付けずに外国に屈してCO2削減を公約するかに関係なく、民主党員民主党に投票した者は先頭に立って民主党政権がマニフェストを実現できるよう民主党の政策実現に協力せよ!

鼻と口に一日中



綿を詰めろ!(栄養摂取は静脈注射で)



車のプラグとプラグコードを



4気筒:1つ



6気筒、8気筒:2つ




外せ!



まずは己が率先垂範してから国民に民主党政権の政策実現への協力をお願いせよ!



国民よ、このような国を滅ぼしかねない発音の間違いを犯した鳩山首相(笑)



退位に追い込め!



ナポレオン三世のように。



諸君らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2009-09-23 20:40 | 中等科