笑いを生じ、かつ賢き忠言によって人生を教える書物は二重の喜びである(ファエドルス)


by schoolforpatriot

石井一様、バイキンの私めに靴を舐めさせてください by 山口那津男・公明党新代表

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。

約1年前、

本校/ないしょ解散時期

http://blog.livedoor.jp/school_for_patriot/archives/50732663.html



太田昭宏代表と北側一雄幹事長ら公明党議員はキャスティングボードを握っているつもりだろうが麻生総理のやることが気に食わないからといって自分たちを



「バイキンのようなもの」



とまで罵った副代表

worldwalker's weblog/【政治】民主・石井一氏「公明党との連立は一切無い。公明はバイキンのようなものだ」

http://ameblo.jp/worldwalker2/entry-10147619949.html

<引用開始>

公明「ばい菌みたいなもの」=民主・石井氏




 民主党の石井一副代表は5日午後、テレビ朝日の番組に出演し、衆院選で政権を獲得した場合の公明党との連立について「一切ない。(同党は)ばい菌みたいなものだ」と明確に否定した。





 石井氏は「小沢(一郎代表)とわたしは強いそういう(思いだ)。選挙前だから(民主党の)中には(公明党が)票をやると言ってきたら、もらえるのかな、と思う人間もいるだろうが、そんな雑音は聞かない。公明党の票を4もらったら浮動票は6逃げていく」と語った。 




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081005-00000030-jij-pol


(ソースはロストしました)

<引用終了>

がいる党とどの面下げて連立するつもりなのだろうか?

民主党からすれば公明党を



「バイキンのようなもの」



と斬って捨てたからには次の衆議院選挙には「民主・社民・国民新党・改革クラブの議席数が過半数割れしても公明党と連立を組むつもりはない」と



背水の陣



を敷いたつもりなのだろう。でなければよっぽど



驕り高ぶっている



か。

まあ、次の衆議院選挙で与党が惨敗した時に公明党が民主党にすり寄るのは



自称「庶民の王者」



石井一の靴を舐めさせるようなものだろう。



と書いたが、どうやら公明党執行部は与党の利権を守るために



自称「庶民の王者」



石井一の靴を舐めさせる決意を固めたようだ。

livedoorニュース/大敗公明党はどこへいく 参院選後に民主と連立?

http://news.livedoor.com/article/detail/4343933/


<引用開始>

 公明党の山口那津男代表が民主党の鳩山由紀夫代表と会談し、政策が基本的に似ているとの認識から「民主党への協力はやぶさかではない」と語った。衆院選の大敗から自民党とは距離を置く、と見られ、2010年の参議院選の結果如何では「民主党と組み政権に返り咲く可能性もある」と予想する専門家もいる。

民主党と「基本的に政策は似ている」
山口代表は2009年9月9日に国会内で民主党の鳩山と会談し、政策次第では民主党の連立政権に協力するとの考えを示した。公明党は93年8月に発足した細川政権で連立与党入りしたが、そこで共に行動した議員が民主党に多いことを踏まえ、民主党と「基本的に政策は似ている」との認識で鳩山代表と一致。山口代表は「国民の理解があれば、協力はやぶさかではない」とした。

また、「自公政権」として10年支えた自民党との関係だが、山口代表は09年10月25日投開票の参院神奈川、静岡両選挙区の補選と、来年の参院選での選挙協力について、「今は白紙で考えている」とメディアに対し語っている。

こうしたことから、公明党は政権を失った自民党から離れ、今後は民主党との協力関係を築く道を選択したかのように見える。

民主党との連携について公明党広報部はJ-CASTニュースの取材に対し、現在は民主党がマニフェストで掲げた政策をどのように実行していくのかを見極める段階だ、とし、

「我が党が目指してきた方向性の下で国民の皆さまから理解を得られるようなものであれば、協力することもやぶさかではありません
と回答。自民党との関係については、

「今までの環境を前提にした協力関係ではなく、野党になったことを踏まえた関係を作って参りたいと考えております」
としている。ただし、現在の最優先課題は党の再建であり、当面はそれに全力を挙げたいとしている。

民主党は社民党を切り公明党と連立?
これから公明党はどのような選択をするのだろうか。政治アナリストの伊藤惇夫さんは、まず、自民党との選挙協力は見直される、と見る。今回の衆院選で公明党は大敗したが、支持母体の創価学会票が減ったわけではなく、基盤は盤石。自民党から票が流れてこなかったことがそもそもの原因のため、協力のメリットは失われたという。

そして、来年の参議院選挙に向け、是々非々の関係を保ちながら、民主党との連携の道を探っていくだろう、とする。与党時代に味をしめた権力というものを手放したくないためだ。最大のポイントはやはり2010年の参議院選で、民主党が過半数を取れなかった場合、大きく連立が浮上する。伊藤さんはこう予想している。

「民主党は政権を安定させるため連立の組み替えを考えます。その場合、社民党が切られ、公明党が与党に返り咲く、こうしたことは充分にありえます

<引用終了>



しかしまあ、権力の座、あるいはカルト宗教というものはこうまで人を腐らせるものなのか・・・

以前自分たちを



「バイキンのようなもの」



とまで罵った相手に

「政策次第では民主党の連立政権に協力する」

と屈服させてしまうのだから。

J-CASTの記事には

>最大のポイントはやはり2010年の参議院選で、民主党が過半数を取れなかった場合、大きく連立が浮上する。(中略)

「民主党は政権を安定させるため連立の組み替えを考えます。その場合、社民党が切られ、公明党が与党に返り咲く、こうしたことは充分にありえます

とあるが、衆議院の解散がなければ参院選の結果に関わらずほぼ間違いなく公明党民主党にすり寄るだろう。

むしろ民主党政権公明党は同じ反日カルト同士

「似合いのカップルだ」(ケンシロウ/北斗の拳)

http://www.youtube.com/watch?v=GsYRbuiSjv4&feature=player_embedded


なのだ。

て言うか



くっつけ!



民主党政権公明党が連立して反日国家への利益・主権の売り渡しが今以上に加速し、自らの生活のみならず権利が脅かされなければ

「結果は愚人どもの師」

「禍を受けた後に愚者は賢くなる」

「凡情の常として、利を見ざれば勧まず、害を見ざれば懲りず」


の例えどおり有権者は目覚めないだろう

有権者よ、二度の失敗は許さん!

次の参院選では



維新政党・新風に投票せよ!


山口那津男・公明党新代表よ、民主党の靴を舐めろ!

そして反日カルトどもよ、



わしのケツを舐めろ!




http://www.youtube.com/watch?v=zl31ZPOW04Y&feature=player_embedded







諸君らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2009-09-11 23:27 | 中等科