笑いを生じ、かつ賢き忠言によって人生を教える書物は二重の喜びである(ファエドルス)


by schoolforpatriot

問うに落ちずして語るに落ちる ~民団新聞記者、「ホロン部」の存在を暴露す

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。

以前、

本校/朝日は荒らし♪

http://blog.livedoor.jp/school_for_patriot/archives/50791043.html

で朝日新聞の社員が2ちゃんねるのスレを荒らす書き込みをしていたことを伝えたが、今度は民団新聞の記者の一人が「『ネットウヨクと毎日戦ってます』との声がある」と語ったそうだ。

民団新聞/「参政権」どうなる 本紙記者座談会 のcache

http://s02.megalodon.jp/2009-0903-1421-29/www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?corner=2&page=1&subpage=3531

<引用開始>
 民団が熱い視線を注ぎ、積極的にかかわった第45回衆議院選挙は終わった。民団はシフトを切り替えて、永住外国人地方参政権付与法案の早期立法化に全力をあげる。参政権運動の今後の展望について、本紙記者が話し合った。

■□
民団が関与の反応は自発的な活動引き出す

民団が日本の国政選挙に直接かかわったことへの反応は。


A かなりの団員たちに、韓国籍なのに政治・選挙運動が本当にできるのか、という懸念があった。地方選挙の投票権もないのに、不特定多数への政治的な働きかけが許されるわけがない、という思い込みだ。政治資金の提供を除けば、すべてが日本人と同様にできると知って、目を輝かせた団員は多い。その後の各地の頑張りは、こちらが煽られるほどだった。

B 同胞の若い女性から「民団新聞の総選挙関連の記事には励まされる。だからこそ、外国人にも選挙運動ができることをもっと強調して欲しい」と電話があった。「参政権獲得運動を誹謗中傷するネット・ウヨクと毎日闘っている。彼らは外国人排斥のために手段を選ばない。民団が違法な運動をしていると騒いでいる」とのことだった。


<引用終了>



この件は

2ちゃん的韓国ニュース/【在日】「参政権獲得運動を誹謗中傷するネット・ウヨクと毎日闘っている」…民団新聞

http://blog.livedoor.jp/newskorea/archives/984844.html

せと弘幸Blog『日本よ何処へ』/【民団】ネット・ウヨクと闘っている。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52325386.html

Monochromeroom/【工作員に追加】2chなどでネトウヨ連呼していたのは韓国民潭構成員。

http://nakatukuni.spaces.live.com/blog/cns!4AE89C098C059A9A!12184.entry

でも取り上げられています。

民団新聞の記者が「『ネットウヨク』と毎日戦ってます』との声がある」と暴露したことで2ちゃんねるや憂国系ブログに荒らし目的の書き込みをする在日韓国人・朝鮮人、いわゆる「ホロン部」実在することが明らかになった。

しかもこの発言が他でもない民団新聞に掲載されたことが画期的である。

これでますます我々憂国派にかかるプレッシャーが軽くなった。

荒らし目的の書き込みをする者を「志を同じくするが意見が違うものでは?」と思い悩む必要がなく反日ファシストであるとみなしてガン無視すればいいからだ。



そしてもうひとつ問題がある。

>政治資金の提供を除けば、すべてが日本人と同様にできる

在日外国人が選挙活動をすることができるとする根拠はどこにあるのか?

Wikipedia/マクリーン事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

<引用開始>

裁判要旨

4.政治活動の自由についても、わが国の政治的意思決定又はその実施に影響を及ぼす活動外国人の地位にかんがみこれを認めることが相当でないと解されるものを除き、その保障が及ぶ。

<引用終了>



では選挙活動は

>わが国の政治的意思決定又はその実施に影響を及ぼす活動

ではないのか?

もちろん選挙は

わが国の政治的意思決定又はその実施に影響を及ぼす活動

である。

ということは

外国人の地位にかんがみこれを認めることが相当でないと解されるもの

である。

そう、在日外国人に

選挙活動を許してはならないのだ!

わしは民団民団の支援を受けた候補者に捜査のメスが入ることを期待する。




諸君らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2009-09-05 01:13 | 中等科