笑いを生じ、かつ賢き忠言によって人生を教える書物は二重の喜びである(ファエドルス)


by schoolforpatriot

甲斐中よ それで謝罪の つもりかい?  ~「固定資産税取り消し裁判」で朝鮮総連の敗訴確定

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。
いささか旧聞に属するが、8月12日、東京都が朝鮮総連の施設に課税したことを不服として朝鮮総連が都に取り消しを求めた訴訟の上告審で総連側の敗訴が確定したそうだ。
YAHOO!ニュース/総連側の敗訴確定=中央本部の課税訴訟-最高裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090812-00000103-jij-soci

<引用開始>
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部(東京都千代田区)に固定資産税などを課税したのは違法だとして、総連側が都などに取り消しを求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(甲斐中辰夫裁判長)は12日、原告側上告を棄却する決定をした。総連側の敗訴が確定した
 訴えていたのは、中央本部の登記上の所有者の合資会社「朝鮮中央会館管理会」。一審東京地裁、二審東京高裁とも、「朝鮮総連の活動は正規の在外公館の活動とは異なる」として公益性を認めず、総連側の訴えを退けていた。

<引用終了>


この件は
2ch ニュース速報+ ダイジェスト/【裁判】 朝鮮総連側の敗訴確定、課税訴訟で最高裁が上告棄却
http://digest2chnewsplus.blog59.fc2.com/blog-entry-8621.html
でも取り上げられています。

ちなみに
Wikipedia/在外公館
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E5%A4%96%E5%85%AC%E9%A4%A8
<引用開始>
 在外公館(ざいがいこうかん)は、国が他国との外交や自国民の保護、他国民への査証業務の提供のために他国内へ設置した施設の日本法令上の名称である(国際法上は、(外交)使節団の公館という)。外交関係に関するウィーン条約の規定により、大使館の敷地は設置した国(派遣国)の管轄権が適用され、接受国は原則として管轄権を行使できない(外交特権)。総領事館は大使館に準じる特権・免除を受ける。
<引用終了>

を読めば朝鮮総連の活動が

他国との外交

(外交)使節団

これらの在外公館としての活動と一致しているかどうかは一目瞭然だろう。

そのようなことがあろうはずがない!

朝鮮総連は外務省というよりはむしろ

対日情報操作

核・ロケット等の技術奪取

拉致

麻薬製造・密輸

偽札製造・流布


などを行う

国家安全保衛部の下部組織というべき組織である。



このような組織に公益性が認められないのは当然だろう。

普通なら警察&軍を動員して

全構成員を射殺、もしくは裁判で

死刑判決を下し、処刑して

壊滅させるべき組織である。



ゆえに裁判長が朝鮮総連に敗訴の判決を下すのは当たり前で、取り立てて

27:名無しさん@十周年 2009/08/12(水) 17:57:36 q52h6qPi0


>>1
これは久々に最高裁GJ


146:名無しさん@十周年 2009/08/12(水) 18:15:26 uOGxSAeE0


最高裁第1小法廷(甲斐中辰夫裁判長)

甲斐中辰夫裁判長
甲斐中辰夫裁判長
甲斐中辰夫裁判長
甲斐中辰夫裁判長
甲斐中辰夫裁判長

この人の名前を絶対に覚えときます
日本にはこの裁判長が必要
国民審査があってこの裁判長の名前があったら○します


166:名無しさん@十周年 2009/08/12(水) 18:20:23 vtQUueeR0


>>1
甲斐中辰夫か、甲斐中辰夫。覚えておこう。国民審査の時にはぜひとも○を付けなければ


このように称賛されるべきことではない



ところでこの上告棄却判決を下した「甲斐中辰夫裁判長」という名に見覚えはないだろうか?
本校/赤い「デスノート」 ”改悪”国籍法賛同者編
http://blog.livedoor.jp/school_for_patriot/archives/50750068.html


残念なことであるが、昨日、12月5日に ”改悪”国籍法が成立した。

(中略)

現行国籍法に違憲判決を下した最高裁判事



島田仁郎(すでに引退した)


藤田宙靖 

甲斐中辰夫

泉徳治

才口千晴

今井功

中川了滋

堀籠幸男 

那須弘平

涌井紀夫

田原睦夫

近藤崇晴



不信任そして免職


という罰を

と伝えたことを。

思い出しただろう。

前国籍法に違憲判決を下し、国籍法改悪のきっかけを作った

12人の判事のうちの一人である。

彼は来る8月30日の衆議院選挙&「最高裁判所裁判官国民審査」

で国民の審判を受けることはないが、このことを知っていれば

>甲斐中辰夫裁判長

この人の名前を絶対に覚えときます
日本にはこの裁判長が必要
国民審査があってこの裁判長の名前があったら○します

>甲斐中辰夫か、甲斐中辰夫。覚えておこう。国民審査の時にはぜひとも○を付けなければ



彼が「最高裁判所裁判官国民審査」で国民の審判を受ける際に○を付けるべき人物かどうかは自明の理であろう。

もちろん答えはNo!

×

を付けられるべき人物である。

甲斐中辰夫裁判長よ、お前の犯した「前国籍法に違憲判決を下し、国籍法改悪のきっかけを作った」罪は今回の「固定資産税取り消し裁判」で朝鮮総連敗訴を確定させた程度では濯げぬ!

自らの罪をざんげ


し、残りの在任期間で真に国民のためになる判決を出し続けよ!

甲斐中よ それで謝罪の つもりかい?

おあとがよろしいようで。



諸君らの1クリックが日本を正す。

http://blog.with2.net/link.php?873292
[PR]
by schoolforpatriot | 2009-08-15 21:17 | 中等科